So-net無料ブログ作成
検索選択

Spiderbeamの12m長グラスファイバーポール(続) [アンテナ]

まだ使っていないが、製品のインプレションを少々。

同社のWebには「強い」、あるいは「その辺の釣竿と一緒にするな」的なことが書かれているが、確かにファイバーの肉厚が厚い。先端セクションでも1.4mmほどの厚さである。しかもここでもまだ中空である。バーチカルに使う分には、アクリル棒あたりを差し込んでさらに高さを稼げそうである。同軸が3.5D、ワイヤが0.75スケアぐらいであれば、ダイポールも十分支えられそうである。
Spiderbeam_7.jpg
元径は55mmと10mクラスのポールに比べて一回り太い。各セクションのテーパーが小さく、きちんと作られているので肉厚を厚くできるのであろう。このポールに比べると、正直言ってPG-ANT-100は値段相応だ。

今使っているポールを使う際、ロープの力が直接加わらないように、あるいは傷がつかないようにするため、ポールの最下部を塩ビ管に入れた上で柵などに結わえている。このSpiderbeamのポールの最下部のセクションは塩ビ管のVU50(内径56mm)にうまく収まる。若干ゆるいが、VU管の端に幅の半分がはみ出る形でビニルテープを巻き、はみ出た部分を内側に折り込む形にすれば、ちょうどいい感じである。VU管の長さをポールに合わせれば、このVU管がポールのハードケースにもなる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。