So-net無料ブログ作成

ARRLのアニュアルレポート(2014)

いつ公開されたのか、わからないが、ここに載っています。

おおっー、100周年だからかフルカラーだ。いや、色はともかく、様々なコンテンツが書かれているということはすごいことだ。会員は引き続き増加のようだが、P.14に会員勧誘手段の内訳が載っている。

後段の財務諸表。会費収入が600万ドル弱(7億4千万円程度)。ちなみにJARLは3億3千万円程度。桁違いというわけではない。ひところより差が開いた感も受けるが、一時の円高が修正されたことも理由だろう。でも、日本にとって円安が行き過ぎているわけでもないので、これが案外、双方の実力かもしれない。

出版と広告収入。ここは桁違い。英語圏はいいですね。

全体としては黒字だが、もっている有価証券の評価益があったためのようで、オペレーションは赤字。出版事業も赤字のようだ。
「今年は100周年だったので、いろいろなことがありコストが先行した」みたいなことが書いてある。まあ、言い訳なのか、そこにも書いてある通り前向きな出費か?

P.S.
JARLのWebがリニューアル。前よりはメニューが見やすく整理されているかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。