So-net無料ブログ作成

SDR - SDR-Radio [エンジニアリング]

次に見つけたRTL-2832が使えるフリーのSDRソフトはSDR-Radio。

いろいろ機能があるようで、全貌がよくわからないが「これは凄い」という感じ。機能が多い分、ファイルサイズも大きい。
SDR-Radio.jpg
(クリックで拡大)

- 続きを読む -


タグ:SDR

【ご案内】miniVNA用アプリケーション’vna/J’の日本語対応版リリース

vna/Jの新しいリリース3.1.6が公開されました。開発者DL2SBAのサイトからダウンロードできます。リリースアップ自体はこれまでもたびたび行なわれてきていますが、今回のリリースからアプリケーションそのものが日本語に対応しています。
vna_J_Japanese.jpg
(クリックで拡大。なお、上はテスト段階でのスクリーンショットです。)

- 続きを読む -


SDR - HDSDR [エンジニアリング]

次はSDR#と並んでメジャーなSDRソフトであるHDSDR。これもインストールがややこしい。ただ、ややこしいことが事前に想定されていたので、ネット上の情報に従って忠実に作業。結果、手戻りもなくインストール完了。さっそくFM放送を受信してみる。
HDSDR.jpg
(クリックで拡大)

- 続きを読む -


タグ:SDR

SDR はじめの一歩(3) [エンジニアリング]

能書きが後になったが、受信周波数範囲ははっきりしない。商品紹介には25-1700MHzとあったり、50M~860Mとあったり、SDRソフトによって変わるのだろうか? まあ、なにぶんにも本来の使い方でないから。ただ、FM放送や430M帯は確かに受信できる。

エアバンドの様子(クリックで拡大)。
SDR_Airband.jpg

- 続きを読む -


タグ:SDR

SDR はじめの一歩(2) [エンジニアリング]

このUSBスティック型SDR、音は悪くない。もっとも、音を決めるのはデジタル部分ではなく、DAコンバーター以降のアナログ系であるが、これはPCオーディオ誌である"DiGi-Fi"の昨年から今冬にかけての付録として付いていたDDコンバータ、DAコンバーター、デジタルアンプを使用。スピーカーはFostexの8cmユニットを使った自作。下の写真はDAコンバーターユニット。96Khz・24bitのDACを使用している。
DA_Converter.jpg

- 続きを読む -


タグ:SDR

【ご案内】miniVNA 日本語マニュアルのリリース

vna/Jユーザーズガイド日本語版のバージョンアップ、miniVNA Tinyのドライバガイド日本語版の作成が終了しましたので、リリースします。

ユーザーズガイドは今月リリースされた英語版の3.1.4に対応しています。主な加筆部分はキャリブレーション、Port Extension、ケーブル損失の測定機能です。

- 続きを読む -


タグ:minivna

SDR はじめの一歩(1) [エンジニアリング]

遅ればせながら買ったSDRレシーバー。ここはPerseusやFDM-S2あたりと行きたいところだが、「アンタ、HF帯受信できるものいっぱい持っているでしょ!」ということで買ったのがこれ。RTL-2832タイプのUSBスティック型のSDRレシーバー。
SDR.jpg

- 続きを読む -


タグ:SDR

【ご案内】miniVNA PROドライバガイド日本語版のリリース [エンジニアリング]

引き続き、掲題のドキュメントをリリースいたします。私のホームページにおきました。DL2SBAのサイトにもいずれホスティングされます。

miniVNA PROのファームウェアのアップデート方法、2信号発生器の詳しい使用方法などが記載されています。

DL2SBAからはそれとなく言われていたのですが、本書の位置づけが、いまいちはっきり理解できず今日に至ってしまいました。vna/Jを離れ、よりハードに近いことが書かれているのかな・・・といった理解です。

- 続きを読む -


【ご案内】Android端末用miniVNAアプリケーション "BlueVNA" 日本語版マニュアルのリリース [エンジニアリング]

CQ誌2月号の記事でお約束した掲題マニュアルですが、先日完成し、アプリの開発者かつ原著者YO3GGXの了解が得られましたのでリリースいたします。

BlueVNAは、SWRの変化を可聴音で知らせるSM6ENGオーディオモードや、水晶発振子をテストする機能などPCアプリのvna/Jとは違った機能も持っています。

- 続きを読む -


MicroVert再訪(5) [アンテナ]

クドいですが、もう1エントリーお付き合いください。

我が家のベランダに持ち込んだ40mバンド用MicroVert(以下、MV)。共振周波数は下がったものの、給電点のインピーダンス特性からMVとしては動作していると判断。ラジエーターを短くして、40mバンド内に共振点を持っていくべく試行錯誤数回。

- 続きを読む -


タグ:Micro Vert

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。